店舗設計 デザイン

こんにちは、新人WEBデザイナーMです。

 

今日は、以前施工しました「松原コンフォルトクラス」の販売センター

「松原マンションカフェ」様の店舗がどのように変わっていったか、

施工前と施工後でご紹介していきたいと思います。

 

まず、コチラは施工前の建物です。

 

 

こちらの建物は以前、整骨院をしていたとのことで、窓も小さめで

中のようすが近くまで行かないとわからないような見た目になっています。

 

正面入り口のアップ写真がコチラです。

 

 

今回、店舗のイメージ的にカフェのような明るく、にぎやかで

人が入ってきやすい外観にしたい!とのご要望をうけ、思い切って

入り口両隣の壁を打ちこわし、全面をガラス張りに変えてみました!

 

完成した施工後の建物がコチラです!

 

 

壁がガラス面に変わるだけで、中の見通しもよくなり、にぎやかな

かわいらいいイメージです!

 

上に取付けられているグリーンの看板はアルポリ(アルミ複合板)に

インクジェット出力した塩化ビニールシートを貼り付けています。

シートを貼ってから下の部分を糸ノコギリを使い、カットしてあります!

よくカフェなどの軒先にかかっている本物のテントのようで、仕上がりもカワイイです。

 

ガラス面のアップがコチラ!

 

 

中のようすがわかり、とっても明るい雰囲気。

夜間も電気の光がもれるため、とっても目立っています!

ガラス面中央のグリーンのシートはフォグラスシートを使用しています。

 

フォグラスシートとはブログでも何回か紹介していますが、

貼るだけで擦りガラスのように演出してくれる装飾シートのことです。

 

 

よーく見ると、グリーンの帯部分の下にも透明のフォグラスシートが

ストライプ柄のように貼ってあります!

 

前面がガラス張りだと雰囲気は明るくなりますが、逆を言うと

「丸見え」になってしまうということもあります。

お客様が店舗内でも落ち着けるように目隠し部分をつくることも大事です!

 

明日は店舗内のようすをご紹介します!

お楽しみに!

 

関連する投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください