タグ別アーカイブ: 箔押し

箔押し加工

デザインのアクセントに! キラキラ箔押し加工

 

こんにちは。

昨日のブログでもご紹介させていただいたmativeの今年の年賀状・・!

ここ近年、スタッフの似顔絵を掲載した年賀状が定番となっておりましたが

だんだんスタッフも増えてきて・・今年はデザイナー兼フォトグラファーの写真を

使用したデザインに決定いたしました!

 

清潔感のある、青々とした観葉植物に目がいきますが、もうひとつ!

全体のデザインを引き立たせるアクセントにもなっているのが、下の方にある

「A HAPPY NEW YEAR 2014」の文字!

よくよく見ると、コチラは箔押し加工を施してあります!!キラキラでとってもかわい!

 

 

箔押し加工とは、このmativeブログでも過去に何度かご紹介してきましたが

熱と圧を掛けて「箔」を圧着させる加工のことです。

 

金箔という言葉があるようにゴールドやシルバーはダイレクトメールや雑誌の表紙などで

目にする機会も多いと思いますが、実はカラーバリエーションも豊富なんです!

 

 

今回mativeが年賀状に使用したのは「グリーン」

その他にも赤や青など単色でもかわいいものがいっぱいです!

そして全部を合わせたレインボーカラーも!

いっぱいキラキラさせたい、目立たせたい!とお考えの方にはピッタリな加工です。

 

今回のデザインやサンプルのように文字やロゴをキラキラにすることも可能ですが、

デザインのワンポイントや絵柄などの装飾も可能です。

 

用紙はピーチケントの220Kgを使用しております。

 

 

郵便局などで販売されている普通のハガキの厚さがだいたい180Kgなので

220Kgというとけっこう厚みもあり、しっかりとした手触りもあります。

 

自然な白色でどんなジャンルの印刷にも雰囲気を合わせることが出来るオールマイティな用紙です。

ちなみにコチラの用紙はプリント事業部print-alamodeのネットショップでも1枚から購入可能です。

【ピーチケントご紹介の商品ページはコチラ】

 

お好きな用紙に加工を合わせ是非あなただけのオリジナル印刷を始めましょう!

 

箔押し加工

年賀状 箔押し加工 ※再掲載

こんにちは。

今日から11月に突入してしまいましたね。朝晩も急に冷え込むようになってきました。

早いもので、今年もあと2カ月で終わってしまいます。

今日は今からの制作にピッタリな年賀状デザイン・制作をご紹介したいと思います。

 

最近、プライベートでは年賀状をかくといったことが減ってきていますが、

店舗様や企業様などおしゃれなデザインのものがとっても多いです!

ショップ等だとお正月セールや初売りのお知らせやハガキ持参でオフ特典など、よく目にします。

 

今日、ご紹介するのは「株式会社 シティーヒル」様の年賀状です!

 

 

キラキラな「HAPPY NEW YEAR」の文字。かわいい!

こちらの文字は箔押し加工がされており、華やかで、お正月のおめでたい感じが

箔のキラキラで表現されています。

ハガキのサイズも一般のものとは異なっていて、少し幅の狭いものになっています。

 

 

サイズは90mm×154mm。

スタイリッシュに見えて、とってもおしゃれな仕上がりです。

箔押し加工は絵柄やロゴなどの文字、背景の装飾やデザインのワンポイントとしても

おしゃれさが引き立つ仕上がりになります。

 

また、眺める角度によって色合いが異なって見えるのも特徴的!

 

 

光やライトにかざすと、より光を放ちキラキラに。

特別なご案内やクリスマスイベントのお知らせ、年賀状など華やかさを

演出したい時にはピッタリな加工方法です。

 

ちなみにmativeの今年の年賀状は、「株式会社 シティーヒル」様とは逆の

年賀状にしてはかなり大きなサイズ!

Quarto403がデザインしたものをプリント事業部のprint-alamodeが出力、

四隅に角丸加工を施し、かわいらしい仕上がりに!

実際、ポストに入っていた時はいちだんと存在感を放っていました笑

ですが、皆の似顔絵入りで皆様からも大好評でしたよ。

詳しくは、以前ご紹介したブログをどうぞ。

「新年あけましておめでとうございます!!」

 

これから制作をお考えの方は是非、ご参考に!

 

ダイレクトメール 箔押し

箔押し加工 ダイレクトメール

 

こんにちは。

今日はキラキラと高級感のある箔押し加工をしたダイレクトメールを

ご紹介したいと思います。

箔押し加工とは過去のブログでも何度かご紹介しましたが、

金や銀、アルミ等をミリ数でカットしたうすい箔を熱と圧を加えることによって転写させる加工のことです。

以前、ご紹介した箔押し加工の記事については、こちらをどうぞ。

 

今回、ご紹介するのは今週ノベルティ製作をご紹介した「who’s who chico」様のDM。

 

 

シルバーの箔を使用しています。

キラキラと光りを放ち、インパクトのあるデザイン。

目立つデザインなので、たくさんの郵便物の中でもいちだんと存在感を放ってくれます。

 

 

シルバーの箔押し加工は、眺める角度によって色合いが異なってみえ、とってもおしゃれです。

覗きこめばうつりこんでしまうほど。

DM自体がオフチケットにもなっていて提示するとOFFチケットにもなるんです。

右下にあるステッカーのデザインもカワイイ。

 

DMの裏面にはDMチケットを使用出来る店舗リストとブログのQRコードがプリントされています。

 

 

オフィシャルサイトやブログ、メルマガ登録、facebookページやtwitterなどのSNSページなどURLを

QRコードに変換してあげるだけで、入力の手間やミスを防ぎ、簡単にアクセスできちゃいます。

 

かわいくっておしゃれさもあり、高級感もあるのでイベントのお知らせや

特別なご案内等におススメです!

これから製作をお考えの方は是非、ご参考に!

 

箔押し カラーサンプル

おしゃれ 箔押し・エンボス加工

こんにちは、新人WEBデザイナーMです。

 

今日は、見た目を華やかに装飾してくれる「箔押し加工」を

ご紹介したいと思います。

箔押し加工とは、薄く伸ばした箔を熱と圧を加えて転写する加工のことです。

こちらはprint-alamodeの箔押し加工サンプルです。

 

 

ホットスタンプと呼ばれることもあり、加工自体は同じですが

転写物によって呼び方が異なります。

 

こちらは以前、制作しました「who’s who chico」様のリーフレット。

 

 

ゴールドの部分は、すべて箔押し加工がされています。

キラキラしていて、とってもカワイイ!ゴージャスで高級感さえも漂っています。

アンティークっぽい雰囲気も出ておしゃれです。

 

カラーも豊富で金箔のようにキラキラと光るものから

光沢のない落ち着いたカラーのマット系までさまざまです。

文字自体も普通に転写させる方法と文字がボコッと浮き上がっているように見える

エンボス加工をすることも可能です。

エンボス加工の加工方法にも、いくつかパターンがあり片面エンボスや

両面エンボスといった加工方法があります。

 

エンボスのアップ画像はコチラ。

 



名刺やショップカード、ダイレクトメールにひと手間加えてあげるだけで

仕上りも大きくかわってきます。

普通のインクだけの印刷と印象もかわり、見た目もとっても華やかです。

ロゴを引き立たせたり、まわりのフチや装飾で使用してもとってもおしゃれ!

絵柄などワンポイントで使用してもデザインのアクセントになるので、おススメです。

 

過去の箔押し加工の記事はコチラ。

「箔押し加工 ダイレクトメール」

「おしゃれなダイレクトメールデザイン」

これから制作をお考えの方は是非ご参考に!

 

 

箔押し加工

「箔押し・エンボス加工」

こんにちは(^_^)新人WEBデザイナーのMです。


今日は「箔押し加工」について書こうと思います★

まず「箔」というのは、金や銀、アルミ等をミリ数まで薄く伸ばしたものです。

わかりやすくいうと金箔などが思い浮かぶと思います(・▼・)

「箔」に熱と圧を加える事により印刷物などに転写する事を

「箔押し加工」といいます。


こちらは以前Mativeにて、制作させて頂きましたwho’s who Chico 様のダイレクトメールです。

ゴールドで文字や絵柄に「箔押し加工」が施されています。

箔押し加工

箔押し加工によってインパクトと共に華やかさも表現されていますね。

背景が暗色なので、よりいっそう文字や絵柄を引き立たせています。


「箔押し加工」とほぼ同類の言葉として「エンボス加工」「ホットスタンプ」という加工方法があります。

「それって意味は全部同じなのかな・・・」という疑問が出てきますが

まず「エンボス」とは文字や絵柄を浮き彫りにするという意味があり

文字や絵柄などが浮き上がって見える技法です。最近はポストカードや招待状などでよく見かけますよね。

「ホットスタンプ」は、ほぼ「箔押し」と同義語ですが加工するものによって

呼ばれ方が異なるようです。


異なるという事は加工って印刷物以外にも施す事が出来るのか、という疑問も出てきます。

ホットスタンプも箔押し加工と同じ技法ですが主にプラスチック製品などに

熱転写して加工することを「ホットスタンプ」と呼んでいます。

私たちの身近なものでいえば電化製品や化粧品容器などにメーカーや商品名などが

入れられていますよね。

では「箔押し・エンボス加工」によって、どのようなメリットがあるのか。

Print-alamodeのサンプル紙です。

箔押し・エンボス

サンプル紙の写真でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、カラーの色合いも

メタリック調に光沢のあるものやゴールドでもマット調(ツヤ消し)に仕上げる事も可能です。

ゴールドやシルバーを使用したいけど落ち着いた感じに仕上げたいと思う方には

マット調のものがおススメです♪(●^_^●)


こちらは「箔押し加工」アリのものとナシのものがあったので違いがわかるように並べたものです。

右の上下2枚はロゴを箔押ししてあります。

こんな感じで使い分けるのも選ぶ楽しさもあるし、おしゃれですよね♪

箔押し 比較

色合いの華やかさに目をひきますので

  • 名刺は人と変わった目立つデザインにしたい!!
  • 招待状など特別なカードを作りたい!!
  • ダイレクトメールは会社名や要点を引き立たせたい!!

と思っている方にはおススメです♪

その他の用途であっても、たくさんのものに利用できると思います。


今で言うと名刺ショップカードメンバーズカードなどに加工されているものも多く

とてもおしゃれです。

良いものは誰かに紹介したい!見せたい!という思いに移行するので、話題性も兼ね備えている上

それにより販売効果も上がると思います。

少しワンポイントとして加えるだけでも、メリットが生まれるのでおススメです★★