エントランス サイン製作

 

こんにちは。

今日はABS樹脂を使用した切り文字サインをご紹介したいと思います。

 

ブログでも何回か、ご紹介しているABS樹脂という素材は

3つの成分を合わせたプラスチック素材のことで、普段の生活の中でも

機械類や雑貨など、さまざまなものに使用されています。

 

こちらは、先日施工しました「株式会社 ミキシング イノベーション」様のエントラスサインです。

 

 

真っ白な壁面に切り文字が引き立つ仕上がりになっています。

施工前の取付ける前の切り文字サインがコチラ。

 

 

特殊塗装によって鏡面仕上げがされている切り文字は

照明のあかりによって鏡のように光を放ち、高級感ただようおしゃれな仕上がりに。

金属のような見た目ですが、手に取ってみると非常に軽いです。

 

今回は切り文字と壁の間に柱を取り付ける「浮かし取付け」といわれる

貼り付け方法になるので、文字裏には柱を取り付ける穴が開けられています。

裏面の写真がコチラです。

 

 

こちらの穴に柱を差し込み、取付けます。

ABS樹脂は非常に軽い素材なので、壁に直貼りすることも可能です。

浮かし取付けだと更に立体感が増し、ロゴを引き立たせることが出来ます。

 

 

立体感もありインパクトも出るので、会社や店舗のサイン等におススメ。

ほのかにグラデーションがかっていて色合いも鮮やかなので、

来客者が目にするエントランスにピッタリです。

 

ABS樹脂を使った切り文字については以前の記事があるので、こちらへどうぞ。

「ABS樹脂 切り文字」

「ABS切り文字 サイン制作」

 

カラーバリエーションやカット方法、表面の仕上げ方にもたくさんの方法があるので、

オリジナル品を製作したい!という方、これから製作をお考えの方は是非、ご参考に!

 

 

関連する投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください