高所作業車

皮膚にあつい湿気がまとわりついてくるような熱帯夜

この間の金曜日の夜のこと。


プリアラのシェフと一緒に、天神橋筋商店街を北へ

すでに赤い顔で仲よく連れ添っている人たちの間を

慎重に自転車でくぐり抜けながら

やってきたのは夜の施工現場。


初めての「高所作業」の施工の見学でした。

ビルの下にぴたりと寄り添うように

消防隊のはしご車みたいな大きな車が

静かにうずくまっていました。

この鋼鉄の首をもつ大きな黄色いキリンは「バケット車」とも呼ばれ

恐るべきパワーを持ち、そのなめらかに動く首の上に人間をのせて

左右上下、こきざみに震えながらも自在に動いて高所作業を助けてくれます。


このたびの施工はビルの3階ぐらいの高さの窓面に貼ってあるシートをはがして

新たなデザインのシートに貼りかえる、という作業でした。


赤いコーンに囲まれて留まっている高所作業車の上では

すでに着々と施工がすすんでいました。

バケット車上での作業


暗闇の中見上げると、のびたキリンの首の先の

上空のかごから身をのり出す

灰色のT-シャツを着たK氏が見えました。


見上げる首が痛くなるほどの高さで

灰色のTシャツのK氏はシートをべりべりとはがし、窓面に水をふきつけてきれいにし

新しいシートを位置を合わせた後、すばやく貼っていきました。

地上で貼っているよりも作業がはやく見えました。

くねくねと動くキリンの首みたいなクレーン部分は

近くで見るとサイバーテクノロジーという感じで

まるで人間の腕の筋肉や筋のように

伸びたり、回転したり、ななめになめらかに回転しながら向きを変えたり

計算しつくされたような複雑な動きをしていて

ついうっとりと魅入りました・・・。


上にのぼる気持ちはどんな気持ち?

上空の風は、どんな音がするのだろう。

下を見下ろすとき、小さな人間や街路樹はどんな風に見えるのだろう?


灰色のTシャツのK氏は

慣れた手つきで危うげもなく淡々と作業をしていましたが

やっぱりはじめて高所作業車にのったときは

緊張したのでしょうか??


今度聞いてみようと思います★





関連する投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください